オレンジ電車、最後の日。

こんばんは~堺のDE10好きです。

気づけば蔓延る広告。
予約投稿でもして少しでも広告表示期間を先延ばしにしようかなと思う次第です。

さて、去る10月3日。大阪のシンボルことオレンジ色の103系が引退。鉄道ファンのみならず大阪の人々に愛された103系。
解体される前に最後の姿を見てもらおうという事で、11/3~6の四日間に京都鉄道博物館での特別展示が実施されました。

その前後でクモヤ145、そして梅小路DE10による回送列車が走るという事で撮影へ。
搬出日である展示最終日に博物館へ行くと、営業展示線に留置された103系の周りには思いのほか多くの方が。
DEIMG_7561 - コピー

遠征時や、大阪近辺への用事といった時に飽きるほど乗った103系。
今更まじまじと見ることもないだろうという事で、屋根を見下ろす階段通路を一度だけ通り、SL機関庫付近にいるDE10の撮影へ。
梅DE10国電 (2)

いつも通り1118と1156が日に当たっており、1118は相変わらず、1156は前回の撮影後トロッコ運用に入ったという事もあり、少し汚れたかなという印象。
なんて思っていると1118が起動し、さらにその数十分後には1156も起動。
搬出まで1時間半。少し早めの準備でした。
梅DE10国電 (3)

入換までの時間、展望デッキで過ごしていると、12系回送・DDロンチキ・81単機と、プチお祭り騒ぎになったりもしましたが、ここでは入換開始までカット(笑)

日もすっかり低くなり、閉館まで残り僅かといった時、作業員の方々がDE10の傍へ。入換開始です。
梅DE10国電(4)

まずは京都タワーとコラボ。
2月に1156後藤入場が運休となった時、代わりに博物館で構図を探した時にやりたいと思っていたカットでした♪
梅DE10国電 (5)

展示線入線前に一旦停止していたDE10。
その間にEF65トップナンバーとのコラボを~
梅DE10国電01()

汽笛を上げたDE10はいよいよ103系を牽引。
微かな夕焼けを背に、ゆっくりゆっくりと引き出していきます。
梅DE10国電 (7)

次に1118がいる線へ押し込み。
予めDE10を下り側に連結することで、機回しを省略できるという梅小路お馴染みの入換です(笑)
梅DE10国電 (8) 梅DE10国電 (9)

あとは1118に任せた!と言わんばかりの加速で1156は離脱。
最初の場所へ留置、そしてエンジンオフ。
こちらも1118側の撮影へ切り替え、連結作業へ~
梅DE10国電 (11)
103系引退後、多くの同胞が宮原DE10に繋がれてきましたが、このLA4だけは梅小路DE10に繋がれる事となりました。

閉館時間まで残り5分といったところ。
館内に鳴り響く蛍の光が気を焦らせる中、なんとか撮影完了。
ライトアップされた東寺や京都タワーとのコラボもできました~
梅DE10国電 (13) 梅DE10国電 (12)

久しぶりに京都駅の麵家で腹を満たし、いざ配給列車の撮影へ。
太陽と引き換えに昇り始めた月をバックに、赤い機関車が赤い電車を牽いていきました。
梅DE10国電 (14)

鉄道博物館が出来たことで新たな仕事を授かった梅小路DE10。
次回はどんな車両を入換・運搬するのか。楽しみにしたいと思います。

ではまたっ!

名月の夜に

こんばんは、堺のDE10好きです。

今週水曜日、嵯峨野トロッコ客車の吹田入場及び出場が行われるという事で行ってきました~

まずは嵯峨嵐山→向日町への回送。
夜の桂川に轟音が響き渡りました。
DEIMG_6539 - コピー

続いて向日町→吹田の回送を俯瞰。
・・・したかったのですが、なんとなんと、よりによってトロッコ列車が車両トラブルを起こし本線上で立ち往生!

そんな事とはつゆ知らず、まだかまだかと山の上で列車を待っているうちに明るくなる空。
さすがに変だとSNSで事態を知ったのは立ち往生から約1時間半が経った頃。
「こんなんだとまだ止まってるんじゃないか」とその現場へ向かおうとしたのが間違いでした。
列車は俯瞰場所を離れた数分後辺りで運転再開。一方こちらは列車はドコダと地上でキョロキョロ、当然発見する事は無く、

トロッコは吹田へ入場したのでした~Fin(涙)~

こんな時ってどうすればいいのかほんと迷います。


日中をこの悔しい気持ちで過ごし、鬼の勢いで夜の出場回送へ。
まずは工場からの出区を岸辺駅の陸橋から~
DEIMG_6842 - コピー
貨物ターミナルの隅っこからヒッソリ登場。

後ろを向いてもう一発~
DEIMG_6856 - コピー

続いて吹貨東での停車を千里丘駅の陸橋で。
駅前の道路ではサラリーマンの方々が珍しそうに携帯で撮影していました(笑)
DEIMG_6889 - コピー

急ぎ足でホームへ移動し、出発を流し~
隣の茨木駅でしばらくの停車を狙うバルブ勢がほとんどなのか、全く撮影者はいませんでした(汗)
DEIMG_6904.jpg

お次はその茨木駅へ。
大混雑の駅端でなんとか場所を譲って頂き撮影~
と、この時点で3発撮影しているにもかかわらず、ようやく1156と1104の位置が今朝と逆になっていることに気づく。
機関車交換なら梅小路でも出来るので、これは朝のトラブルと何か関係があるのかなと考えるのでした。(;´∀`)
DEIMG_6932 - コピー

逆サイドでは、普段あまり見ることができない1104号機の1エンド側を拝むことも出来ました~
DEIMG_6930 - コピー

移動までスナップタイム♪
トロッコの車体はハロウィン仕様。気づけば10月、早いですね~
DEIMG_6954 - コピー

逆サイド。
普段の梅小路との回送で連結される時は必ずザ・リッチ側に付く1104。
この光景は何度見ても新鮮。
DEIMG_6957 - コピー

当日は十五夜。
ということで最後の一発は中秋の名月とコラボ~
DEIMG_6993 - コピー
煌々と輝く月の下を凸列車が行く。

さて、トロッコ冬季運休期間外での吹田への入場、それもDE10編成で行われたのはかなりイレギュラーな事態。
この1週間前にも1118牽引によって運転され、一体何が起こっているんだという感じでしたが、検査明けピカピカの1156を撮影できたのでメデタシメデタシ(?)
俯瞰のリベンジもいずれしたいと思います~

ではまたっ!

スキマ時間のお供達 [春の撮影記録2017~西日本編その3~]

ダラダラと書き続いたこれもようやく終わり!(汗)

最後は自分にとって一番身近なDE10、JR貨物・岡山機関区のDE10についての撮影記録。

これまでの撮影記録の外で、「実は」時間と時間の合間に撮影していた岡山DE10。
今回はそれをお届けしていきたいと思います。

~3/6~
この日は新型ラッセル・キヤ143の松任入換を撮影しようと北陸へ遠征。
毎度の事ながら行かねば行かねばと言いつつも行けていなかった南福井入換も同時に撮影。
四度目の撮影となった旋回窓装備の1675号機。空高く煙を上げてコキを引き出していました。
DEIMG_8366 - コピー
気づけば南福井の顔となった1675。

この日の本命、キヤ143入換作業はこちらから
http://de10sakamike.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

~3/14~
続いては後藤DE10工臨の撮影記録から~
急遽予定を変更して向かった岡山。和気駅構内でのレール積込作業を撮影し、出発までの時間は水島貨物へ。
工業地帯まで行かずに、倉敷付近で祠コラボ、そして俯瞰!
撮れずじまいだった1614号機が入ってくれたのは非常に嬉しかったです(笑)
DEIMG_9381 - コピー
臨海鉄道の守り神・・・?
DEIMG_9528 - コピー
稲穂の時期に再訪してみたいところです。

後藤DE10工臨の記録はこちらから
http://de10sakamike.blog.fc2.com/blog-entry-45.html

~3/21~
さて、この日は何かのついでのというわけではなく、岡山DE10メインでの撮影へ。
目的は梅コラボ♪まだまだ綺麗な1743が先頭に立ちました~
DEIMG_0902 - コピー DEIMG_0963 -2
梅の木の傍をDE10貨物が行く。

~3/27~
岡山でのDE10工臨、そして翌日には九州でななつ星PP運用を撮影した遠征。
DE10工臨の撮影前に臨海鉄道へGO!来たのはまた1743(笑)
DEIMG_1042 - コピー
たまには編成カット(?)を。

DE10工臨の撮影後、新幹線で小倉まで向かったわけですが、逃しはしません5062レ(笑)
とはいえ少しでも新幹線代を節約したい事もあり、少しでも早く西へ行けるよう倉敷駅での撮影。
まだ試していないコンコースからの撮影に落ち着きました。
DEIMG_1163 - コピー
雨の倉敷駅に入線。

~3/30~
工臨撮って、ななつ星撮って、大阪帰ったと思わせて、赤穂線ホキ工臨のために再び岡山へ(笑)
18切符で夕方の水島工業地帯へ直行~
この日もまた1743。帰宅モードの工業地帯にほぼ満載の貨車を繋いで待機していました。
DEIMG_1816 - コピー

海へと繋がる溜め池、その水面に姿を映しながら岡山へと出発していきました~
DEIMG_1856 - コピー

ホキ工臨撮影前には岡山機関区へ。
年中一般公開と言っても過言ではないその距離感はドキドキです(笑)
DEIMG_1906 - コピー
さっきの1743も後ろにチラッと。(グサッと?笑)

車庫内4km/hと書かれた看板の奥には、この後ホキ工臨を牽引するDE10-1151がPFと共に佇んでいました。
DEIMG_1920 - コピー
~おまけ~
DEIMG_1965_20170927024508f10.jpg
異種機関車によるプッシュプル!!

~3/31~
赤穂線でのホキ工臨を撮影し、めちゃくちゃに疲れてホテルに戻り、そこから爆睡に爆睡を重ね、起きたのはなんと12時。
DE10水島貨物の第一便を撮り逃がした事に若干凹みつつ、用意を済ませて外へ出ると生憎の雨。
空も全体的に暗い天候ということで、雨の中を走る姿を流し撮影~
以前は関西圏で毎週のように甲種輸送の先頭に立っていた1192が充当♪
DEIMG_2120 - コピー
岡山DE10の中ではおそらく撮影回数No.1の1192、ですが水島貨物での姿を見るのは今回が初めてとなりました。

二往復目は臨海鉄道内へ。
雨で揺らめく用水路にライトを煌めかせながら通過していきました~
DEIMG_2170 - コピー 
製鐵所行きのダンプの横を行く。

東水島に到着したDE10はすかさず入換作業へ。
降りしきる雨の中、黒い煙を上げての作業が続きます。
DEIMG_2234 - コピー DEIMG_2252 - コピー DEIMG_2301.jpg

最後は水溜まりを入れて。
雨粒による波紋が現れては消えてゆきます。
DEIMG_2487 - コピー

出発時刻となった列車は、重い空の下をゆっくり進んでいきました。
DEIMG_2564 - コピー

~4/1~
岡山DE10の撮影記録はまだまだ続きます(笑)
ずぶ濡れで水島貨物を撮影した翌日は、岡山機関区で交番検査を完了した下関DE10の返却回送。
朝早くの列車で西下する前に、この日下る1531号機の様子見も兼ねて岡山機関区へ向かったのでした。
DEIMG_2599 - コピー
機関区内に散らばるDE10達。

打って変わって1192号機ポツンとカット。
DD200が岡山でも活躍する頃、何号機が残っているのでしょうかね~
DEIMG_2605 - コピー

今年6月、同区の1674号機と共に廃車回送された1574号機も、この頃は辛うじて現役。
数年前までの関西での撮影では大変お世話になりました(^^)
DEIMG_2596 - コピー

その他1141、1674なども撮影し、機関区を後にしたのでした~

~おまけ~
本編では載せていなかった度アップ版~
DEIMG_2730 - コピー

で、オマケが来たからこの日はもう終わりかと思えばそうではなく、SLやまぐち号入換撮影までの時間、新南陽で入換撮影~♪
長門市展示配給の時と同じく、1586号機が入換に従事しておりました。
DEIMG_3050 - コピー DEIMG_2928 - コピー DEIMG_2883 - コピー

入換の合間には桃太郎&押太郎、そして今や最後の広島色だというキハとのコラボも~♪
DEIMG_3167 - コピー DEIMG_2978 - コピー 

撮影開始から約3時間、赤くなり始めた太陽光に照らされながらの入換。
徳山工業地帯の煙突をバックに、到着した貨物列車のもとへ。広大な構内にフルノッチの鼓動が響き渡りました。
DEIMG_3128 - コピー DEIMG_3146 - コピー

この後も新山口行き列車の発車時刻ギリギリまでお腹一杯撮影し、新南陽を後にしたのでした~

~5/14~
日付は一気に飛んで5月。
沿線が熱気に包まれたサロンカー土佐路号の撮影後、帰るついでに臨海鉄道へ。
夕食の香り漂う住宅街の真ん中をDE10貨物が通ります。
DEIMG_4845 - コピー (2) DEIMG_4863 - コピー
久々の1164号機撮影ともなりました~

~8/5~
合間合間の岡山DE10撮影記録の報告はこれにて終了ですが、せっかくなので最近の撮影記録も。

近畿車両からの甲種輸送の日、城東貨物線随一の名所であった赤川鉄橋へ。
送り込み単機の撮影では、通過と共に土手でお休み中のハトポッポが飛び立ち、平和的なコラボが発生(笑)
DEIMG_5725 - コピー DEIMG_5747.jpg
4年前まで人道橋だった場所を軽快に走り抜けて行きました~

数時間後、日比谷線メトロを牽いたDE10登場。
梅田のビル群をバックに通過~
DEIMG_5852 - コピー

着々と進むHD300の導入により、定期運用は3つまでになってしまった岡山DE10。
各地からの転属も激しく、ここ数年で運用されている機関車もガラッと変わりました。
本線用置き換え機DD200の導入も見え始めた今、日々の記録を大事にしていきたいと思います。(^^)

ではまたっ!

帰ってきた客車列車 [春の撮影記録2017~西日本編その2~]

こんにちは、堺のDE10好きです。

「春の撮影記録」、春どころか夏も過ぎて秋になってしまいましたが、今回を含めて二回、もう少し付き合ってもらえればと思います(汗)

SLやまぐち号入換撮影から一か月。
前々から心待ちにしていた「サロンカー土佐」が運転~
東武鉄道向け14系試運転の撮影後、四国DE10が客車を牽くことなんて二度と無いだろうと思っていましたが、
「あかつき」から始まったサロンカー特別出張ラッシュの波がついに四国、それも土讃線へ。

サロンカーの土讃線への入線は国鉄民営化後初。
さらにムーンライト高知が廃止され、2009年に運転された団体列車以来、実に8年振りとなる客車列車の入線となりました。

運転当日、始発の新幹線で岡山、快速マリンライナーで瀬戸大橋を渡り四国へ。
四国DE10の出番となる多度津駅へ到着。
そこには重連で待機するDE10の姿がありました。

取り付けられた新品のヘッドマークステー、前回の撮影では錆びついていたライトケースが交換されているなど、今回の運転への気合の入りっぷりが感じられます。
DEIMG_3534 - コピー

なにわ号到着までの間は、四国を走る列車とのコラボ~
JR四国ご自慢の「アンパンマン列車」、今年デビューしたばかりの「四国まんなか千年ものがたり」と、
今日のJR四国の代表といえる列車達の面々。
DEIMG_3695.jpg

この日はサンライズEXPの琴平駅までの延長運転日でもあり、
その回送列車が多度津駅の端っこを通過していく姿も見られました。
DEIMG_3676.jpg

なにわ到着5分前、DE10は引き上げ線へ。
基本的に深夜帯に活動する高松DE10。日中に、それも重連で動く姿は新鮮。
DEIMG_3903 - コピー

三番線にEF65-1128率いるサロンカー土佐路号が入線。
多度津駅の駅員・作業員の方々が到着を見守っていました。
DEIMG_3925 - コピー

さあDE10の出番。
国鉄時代からの歴史ある陸橋をくぐって客車のもとへ。
DEIMG_3985 - コピー

ホームは多くの人で溢れ、駅の方々は整理に追われていました。(汗)
DEIMG_4037.jpg DEIMG_4063.jpg
前回から33年、土讃なにわ再び。

発車時間も迫り、撮影地へ。
霧に隠れた金比羅山を背に、土佐路の始まり始まり。
DEIMG_4115 - コピー DEIMG_4125 - コピー

ここで知り合いの車に乗せていただき、二発目へ。
吉野川が流れる田園風景を俯瞰~♪
予想以上に多くの方がいらっしゃいました。
DEIMG_4171 - コピー DEIMG_4200 - コピー
DEなにわ、土佐路を行く。

さらに三発目。
終点・高知までラストスパート。水が張られた田んぼ地帯を駆け抜けていきます。
DEIMG_4275 - コピー DEIMG_4278 - コピー

列車は高知駅で乗客を降ろし、高知運転所へ。
プッシュプル形式での回送となり、ディーゼル音高らかに走り去っていきました。
DEIMG_4359 - コピー (2)

追うようにして運転所へ。
のどかな景色の中に建つ運転所の中にDE10の姿がありました。
DEIMG_4446 - コピー

前回の土讃線入線時にも牽引していたという1139号機。
他の四国DEが廃車になるなか生き残り、再びのなにわ牽引。何かしらのご縁を持っているに違いない(笑)
DEIMG_4382 - コピー

1095号機側へ回り、復路も安全に運転される事を願いつつ撮影し、ホテルへ撤収したのでした。
DEIMG_4486.jpg
久々の大舞台、翌日までゆっくり疲れを癒します。

二日目。
前日と打って変わって強い日差しとなり、撮影日和となりました♪

土讃線の普通列車に乗り、俯瞰へ。
DE10重連の鼓動が山間に響き渡ったのでした。
(吉野川を入れることができなかったのが残念でしたが(´∀`;) )
DEIMG_4614 - コピー DEIMG_4635 - コピー

続いて二発目。
吉野川に架かる鯉のぼり達とのコラボ~
DEIMG_4702 - コピー

追って多度津駅へ。
EF65へバトンを渡したDE10コンビは手旗信号に導かれ、倉へ入区。
貴重な高松DE10の重連、構内踏切を渡ろうとしていた運転士さんも珍しそうに眺めていました。
DEIMG_4748 - コピー

二日間の大舞台を終えた四国DE10。
PFなにわで賑わう駅の傍らでは、倉の中で清掃員の方々に汚れた車体を綺麗にされている1095号機の姿がありました。
DEIMG_4786 - コピー
お疲れ様です。

重連を解除し、青空の下佇む1139号機。
さぁ、三回目のなにわ牽引はあるのでしょうか?
DEIMG_4793 - コピー

DE10好きのみならず、全国規模で見ても一大イベントとなった今回の「サロンカー土佐」。
このような臨時列車を今後もドンドン走らせて欲しいかと言われれば少し詰まる所ではありますが、非電化区間の雄大な景色の中を客車を牽いて走るDE10の姿は間違いなく素晴らしいモノ。走る機会があればこれからも撮影しに行きたいと思います(^^)

ようやく次回で最後ですね(笑)
ではまたっ!

工臨のオカ!海のセキ!おもてなしのクマ!  [春の撮影記録2017~西日本編その1~]

こんにちは、堺のDE10好きです。


本題へ行く前に少しお知らせ。
過去のブログ記事の内容に関して、全ての記事において一部変更(サイズ変更や写真差し替え・追加等)を行いました。
新しいカットもあるのでよければご覧ください。

遅くなってしまいましたが春の撮影記録2017、前回までの東日本編に引き続き、今回からは西日本編をお届けします。
ではどうぞ~

3/6
この日は前日に黒山トランシスより発送された「キヤ143」が松任へ到着。
富山DE10による搬入入換を撮影するため18切符で石川県へ。
DEIMG_8557 - コピー
北陸を支えた名車両達に見守られながら入換開始。

ようやく叶った富山DE10の撮影、心躍るものとなりましたが、その詳細は既にupしておりますので、興味のある方はよろしければこちらをご覧ください→http://de10sakamike.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

3/14
松任入換撮影から1週間、この日は名古屋港線や四日市入換の撮影と、愛知方面へ足を伸ばす予定だったのですが、前日になり後藤DE10がDD工臨を代走との情報を知り、急遽岡山へ。
13_201703170240145cf.jpg
和気駅構内にて夕日を浴びるは岡山電車区ではなく[後]の札を持つ者。

こちらも既にブログ記事をup済みということで、興味のある方はこちらからご覧下さい。
http://de10sakamike.blog.fc2.com/blog-entry-45.html

3/18・20
この2日はというと「サロンカーだいせん」及び「サロンカー出雲」の運転日。
え?DEなにわじゃなくてDDなにわ?
「なんでやねん」って感じですが、その場のノリと気分で撮影しに行ってしまいました(笑)

まずはサロンカーだいせん。
部活の打ち上げで気分が上がり、そのまま先輩と大阪駅へ(笑)
DEIMG_0322 - コピー1
一夜限りの復活。

続いて復路のサロンカー出雲号。
本当なら岡山でDE10工臨を撮影する予定でしたが、運転日が近づくとともに「出雲HMを取り付けて走るDDの姿を見てみたい」という欲求が段々と大きくなり・・・日本海側へ出撃(笑)
我ながら前代未聞の出来事です。

明け方、知り合いの車にて鳥取方面へ向かう道中、時間があるということで豊岡駅でのDE10撮影を提案。
庫内でラッセルと共に休む豊岡DE10、播但線工臨で活躍する姿を久しぶりに見たい所です。
DEIMG_0385 - コピー
時間を見つけてDE10撮影。

さて、本題のサロンカー出雲号はというと俯瞰など様々な場所で撮影。
とはいえ、わざわざDE10工臨を捨ててまで来た目的は「出雲HM」。
香住駅での2時間停車の間に撮影したコチラのカットが一番のお気に入り(笑)
DEIMG_0502 - コピー
元・後藤機であった1109でないのがDD好きからすれば痛い所・・・らしい。

さすがに「薄っぺらいHM」ではありませんでしたが、十分にその雰囲気を味わう事ができました。
あと、駅前のお店で買った「かにまん」と「ホタルイカ」が美味しかったですね(笑)

3/27
出雲HMの誘惑に負けてしまった岡山のDE10工臨。
その分を取り戻すため岡山へ。

東福山より発送されたレール輸送を俯瞰~♪
DEIMG_1053 - コピー
雨上がりの山陽線、小さな港町をDE10が通る。

いつも通り瀬戸駅で折り返し。
岡山へラストスパートを駆ける姿を柳の木とコラボ~
見ての通り、シャッターのタイミングが合わず(汗)
1 (2)

記事に直接関係は無いのですが、やけにこの日の記録だけ画質が悪い・・・縮小ソフトの気まぐれでしょうか。

3/28
DE10工臨を撮ったその足で九州へ。
まずは門司機関区で眠る廃車群の撮影。

鷲別組より一足先に離脱したサツマイモ門司組。
1583号機、1558号機の2台が朝日照らす機関区脇の留置線に置かれていました。
DEIMG_1175 - コピー
少し前まで関西で走っていた富山の81が銀釜やサツマイモと繋がっているというのはなんだか不思議な光景。

残念ながら、働く姿を見ぬまま廃車となってしまった1558号機は草木により車体がよく見えず。
大牟田入換でお世話になった1583号機の様子はというと、相変わらずの色褪せ具合。
区名札が抜かれている以外に目立った変化は無く、何食わぬ顔で運用復帰しても問題無さそうな雰囲気でした。
DEIMG_1171.jpg DEIMG_1174.jpg

続きまして、現役機のいる留置線へ。
そこに居たのは今日の門司DE10の二大イレギュラー機(だと思っている)、広島更新・1560号機と小倉更新・1559号機。
DEIMG_1239.jpg

数あるDE10更新色の中で一目瞭然、赤色の面積が大きい1559号機。
本当はこの日の試2593に入ってもらえないかなと期待していたのですが、儚く散ったその願い。
撮影できる地元の方々が羨ましい・・・(笑)

隣接する北九州タの入換はタイミングが合わず、機関区留置車の撮影のみでここを後に。
「入れ入れ1559」と願ったその日の試2593は1746号機。
今年の改正で消え去った門司DE10唯一の貨物列車、81レなどでお馴染みの番号でした~
DEIMG_1274 - コピー
小倉の街を行く。

JRFマークを消されたコキを牽く試2590を撮影後、日田彦山線・久大本線と乗り継ぎ、到着したのは湯布院。
撮らねば撮らねばと思いつつ行けていなかった「ななつ星in九州」DE10とのPP運用の撮影です。

温泉旅行帰りのお客さんで賑わうホームの反対側、豪華列車の裏でひっそりと待機するDE10。
特急「ゆふいんの森」がお客を乗せ出発、構内が少し落ち着きを取り戻した頃、入換開始。
DEIMG_1497 - コピー

ななつ星クルーのスーツを纏った作業員の方に誘導され、連結完了。
発車時間も迫っていたので撮影地へ急行~

日差し眩しい由布の平野を俯瞰♪
DEIMG_1600 - コピー

庄内駅で折り返し、DE10先頭で再び湯布院へ。
山間に豪華列車を牽引するDE10の誇らしげな汽笛が鳴り響きました。
DEIMG_1701 - コピー - コピー DEIMG_1729 - コピー
杉林を抜け湯布院へ。

かつて、大きな菊の紋章を掲げて天皇陛下御乗車のお召列車を牽引したという1209号機。
時が流れた今も「豪華寝台列車」の牽引という大役を仲間達と共に務める姿はとても凛々しく思えます。

3/30
いよいよ年度末、赤穂線でホキ工臨が走るという事でまたまた18切符で西下~

夜の岡山駅にPFと共に入線。
DEIMG_1933 - コピー

岡山でのバルブ撮影もそこそこに、赤穂線へ先回り。
終電後の長船駅にDE10登場。
DEIMG_1980 - コピー

砕石卸し作業の方達が添乗、ホキの作業灯も点灯。
(DE10次位の作業灯が点いていないのはバラストを載せていない控え車のため。)
DEIMG_1990.jpg

ここまでリードしてきたDE10は尾灯に切り替え。
あとは帰りの道中で行われるPFによる現場作業を見守るのみです。
DEIMG_1985 - コピー

出発時刻。
作業準備万端となった列車はPF牽引で現場へと向かってゆきました。
DEIMG_2021 - コピー

卸し作業が無事に終了し、道中の東岡山駅で小休止。
尾灯の光で赤く照らされた構内、深夜の高速貨物をかわしました。
DEIMG_2081.jpg

4/1
この日は岡山機関区にて交番検査を終えた下関DE10、1531号機が新山口へ単機で回送。

それを有名な大畠の大島大橋から撮影~
旋回窓装備の元富山機、1531が瀬戸内海沿いを駆け抜けます。
DEIMG_2684 - コピー

続いてはSLやまぐち号の客車入換。
まずは、津和野から帰って来た「やまぐち号」とその入換を担当するDE10のコラボ~
DEIMG_3235 - コピー

ホームに入線したやまぐち号を追うように入換開始。
青空の下、客車のお迎えにあがったのは1531号機。岡山から帰って来てすぐの仕事となりました。
DEIMG_3263 - コピー

連結が完了すると、いつもより少し長い(ような気がした)汽笛とともに白煙をあげて引き上げ線へ。
そのクオリティに多くのファンが衝撃を受けた「新製・35系客車」の営業開始まで残り1か月、DE10・SL共に12系を牽く姿はまもなく見納めです。
DEIMG_3280 - コピー - コピー

12系客車を留置線に押し込むと、DE10も扇形機関庫へ。
配線上、一度駅で折り返しての入区となります。
DEIMG_3401 - コピー

ターンテーブルでクルッと回転し、下関お馴染みの1514の隣に滑り込む。
転車台を取り囲むように並ぶキハ達と共に、岡山からの長旅の疲れを休めます。
DEIMG_3468 - コピー
怒涛のキハ軍団。

以上、西日本編第一弾の撮影報告でした。
プロフィール

堺のDE10好き

Author:堺のDE10好き
撮って乗って集めて。
そんなDE10好きのブログです。

Twitter
https://twitter.com/de10tsubuyaki

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR